お問い合わせ

mail

webからお問い合わせ

telephone

03-6868-4353

受付時間/9:00〜19:00(平⽇)

company logo

HR Column

キャリアコンサルタントに関するコラムや最新情報など随時更新しています。

【活動報告】Withコロナ/キャリア自律時代におけるキャリアコンサルタントに求められること

セミナーイベント情報

2021.02.12

news image

2021年1月に提携を発表した「キャリコンサロン/HRラボ株式会社」と「一般社団法人プロティアン・キャリア協会」の初のコラボイベントが、2月10日(水)夜に開催されました。

今回のイベントのテーマは、『Withコロナ/キャリア自律時代におけるキャリアコンサルタントに求められること』。キャリア支援者が、これからの時代にどのような存在となるべきかを問う内容となっています。

 

両団体から取り組むべき社会課題へのアプローチ提案をはじめ、連携によって生み出す価値についての発表、さらには法政大学キャリアデザイン学部教授の田中研之輔先生より基調提案をいただくなど充実の内容となりました。また、参加者全員でおこなった「ブレイクアウトセッション」は圧巻で、短い時間ながらも全員で『キャリア支援者の未来』を語る貴重な時間となっています。

 

イベントのダイジェストを資料と共にご紹介しますので、ぜひご覧ください。

#キャリコンの未来

活動概要

日時 2021年2月10日(水) 19:30~20:45
開催形式 オンライン開催
お申込者数 300名(満席)
主催 HRラボ株式会社/キャリコンサロン・一般社団法人プロティアンキャリア協会

<登壇者>

■法政大学キャリアデザイン学部教授 田中研之輔氏
プロティアン・キャリア協会代表理事/HRラボアドバイザー

■HRラボ株式会社/キャリコンサロン代表 塚田亜弓氏
国家資格キャリアコンサルタント/米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー
採用、教育研修、労務制度づくりなど、幅広くHR業務に従事する。2017年1月にHRラボ株式会社を設立し、社長就任。2018年12月キャリコンサロン設立。創業以来、企業内キャリアコンサルティング制度の導入サポートを全国1,000社以上担当。2021年1月一般社団法人プロティアン・キャリア協会認定アンバサダーに就任。

■一般社団法人プロティアン・キャリア協会代表理事 有山徹氏
4designs株式会社代表取締役CEO/ファウンダー
MBA/キャリアコンサルタント/中小企業診断士
早稲田大学卒業、大手メーカーに就職後、経営コンサルティング会社を経て一部上場ITサービス、デジタル広告企業等での経営企画にて中期経営計画策定等の戦略策定やIPO・組織改革・ERPプロジェクト・M&A等の数多くの全社プロジェクトを推進。2019年7月に経営コンサルティング、組織改革、キャリア支援事業を行う4designs株式会社を起業。2020年3月一般社団法人プロティアン・キャリア協会を設立,代表理事に就任。

<プログラム>

1)田中研之輔先生からのメッセージ
2)プロティアン・キャリア協会の取り組み概要と今後の展開/協業について
3)HRラボの取り組み概要と今後の展開/協業について
4)参加者のディスカッションタイム
5)全体アナウンス

田中研之輔先生より基調提案(部分抜粋)

news image
news image
news image
news image

プロティアン・キャリア協会 代表理事 有山徹氏より(部分抜粋)

news image
news image

キャリコンサロン/HRラボ株式会社 代表取締役 塚田亜弓氏より(部分抜粋)

news image
news image
news image

両団体の連携によってもたらされること

news image

グループセッション:『キャリア支援者がこれからの時代に求められる変化とは』

40チームほどに分かれて、グループごとにお題についてディスカッションを行いました。
ディスカッションで出てきた各グループ主な意見は、以下の通りです。
前向きなディスカッションとなった様子がよくわかります。

【例A】
① キャリコン自身の成長スピードを上げる/環境&変化に対応していく ②キャリコン同士の更なる連携/チーム化 ③キャリア相談+αの力(組織戦略、経営戦略 etc)

【例B】
① 時代に適応、変化に適応
② キャリア教育:ロールモデルを学生に見せる、出口だけの就職ではない職業選択
③ エンプロイアビリティ、人を育てる、人を伸ばす力。関係づくり

【例C】
① オンラインなどのITについていくこと/AIに負けないキャリコン
② 自己開示の勇気
③ アウトプットする力/外とつながること

【例D】
① キャリコンで“生きていくための”マネタイズ意識醸成
② 越境的な幅広い知識へのアンテナを持つ
③ 自らが変化へ向かう姿勢を持つ

【例E】
① 人生100年を先を見据えた、見通しをもった支援
② 組織、家族、地域に対して支援
③ ミドル、シニア層への離職前からの支援

両団体から今後の取り組みについて

news image

◆プロティアン・キャリア協会「プロティアンを拡げるための“プロティアン認定”の取り組み」

news image

◆HRラボ/キャリコンサロン「キャリア開発支援室サポート、浅井塾、キャリコンフェス等」

浅井塾は、「レッスン+コミュニティ」の10カ月間特別プログラムで実施する本気の塾です。
人数限定で、企業会員と個人会員の受付を予定しています。
年間プログラムも、3月10日のイベント当日に発表しますので、ご期待ください。

【参加者の声】※イベントアンケートより抜粋

■キャリコンを「資格から職業へ」という力強い言葉に自らも変化に対応していける実践者でありたいなと思いました。

■協会とサロンのコラボレーションでまた新しい価値が生まれるように思いました。こういった連携を広げてキャリコンのブランドが高まるといいなと思いました。勉強になりました。

■皆さんがキャリコンを職業になるよう、色々と知恵を出して頑張っておられる様子を見て、パワーをもらいました。

■キャリコンとして仕事に従事して9年近く経ちましたが常に孤独だった気がします。今日、全国に多くの仲間がいることをまず再認識させていただき、わくわくしてきました。キャリコンが作る未来を信じて動こうと非常に前向きになれました。

■キャリコン資格取得に向けて勉強中ですが、すでに活躍されているキャリコンの方とディスカッションさせていただきとても勉強になりました。

■これからのキャリコンは自身が環境に対応して柔軟に変化していくことが求められているという理論は自分の感性に合っていると感じる。その変化はプレッシャーではなく枠からの自由をイメージしている。わくわくしました。

■まさに、私が探していたものにピッタリだと思いました。短い時間でしたが、どの話も強く共感することばかりで、すぐにでも取り組みたい事案ばかり。一人では到底何もできないことが、これだけ多くの方との連携と知識や情報の共有ができる場があることはとてもうれしく感じています。ちょうど1年前にキャリコンサロンを知ってから、いろいろなチャンスをいただき変化できることを実感しています。

■個人で活動するだけでは限界があることも、これだけの人数が集まれば様々なことができ、スキルシェアもでき、価値あるものが提供できるかもしれない!とワクワクしました。キャリコンである私たちが変化に柔軟で、新しい働き方の実践者でいなくてはならないと感じました。今日はありがとうございました!

■現代から未来に向けたキャリコンのあり方などを考える機会となりました。貴重なお話が聞けて、またキャリコンの皆さんと繋がることが出来、とてもいいセミナーでした!ありがとうございました。今後に向けての指針となりました。

■キャリコンも変化に対応する必要があり、クライエントを支援できるようアンテナを高く持ち続けたいと改めて思いました。

イベント運営メンバーより

HRラボ/キャリコンサロン 塚田亜弓、杉島誠
プロティアン・キャリア協会 有山徹、黄瀬真理

news image

今後も両者で連携をしながら、キャリア支援者の未来を作っていきたいと思います。
#キャリコンの未来