お問い合わせ

mail

webからお問い合わせ

telephone

03-6868-4353

受付時間/9:00〜19:00(平⽇)

company logo

HR Column

キャリアコンサルタントに関するコラムや最新情報など随時更新しています。

塚田亜弓のキャリコン徒然 vol.2

キャリコンインタビュー

2021.08.14

news image

こんにちはHRラボ株式会社代表の塚田亜弓です。

HRラボでは、企業内キャリア相談制度(セルフ・キャリアドック)の導入サポート、研修・セミナー登壇、個別カウンセリング、人事関連コラムの執筆、採用業務サポートなどを主な事業としています。これまで1都1道2府36県、約1,000社以上の企業にてセルフ・キャリアドック制度の導入に関わらせていただきました。

全国のキャリアコンサルタントが繋がるコミュニティ「キャリコンサロン」も主宰しております。

 

2021年8月10日に第17回キャリコンサルタント試験の結果が発表され、キャリアコンサルタント登録者数は6万人を超えました。資格は取得してからがスタート。多く聞こえてくるのは「資格をとったものの、仕事がない」「キャリアコンサルタントは稼げない」「国家資格なのに、その後の職が保証されないの⁈」という声です。

 

第2回「キャリコン徒然」は前回から引き続き「『キャリアコンサルタント』は稼げない」の後編です。プロとして仕事をスタートさせるときの自分の価値の付け方、稼げるキャリアコンサルタントに必要不可欠なたったひとつの視点についてお話させていただきたいと思います。

プロとして自分の価値を金額に提示する

仕事をスタートする際の金額設定は皆さん悩まれるところです。社会貢献性の高い仕事であるためボランティアやプロボノでの活動としてお声がけいただくこともよくありますが、プロとしての線引きをすることは大切です。
私は、基本タダではお引き受けしないと決めています。国家資格ですし、みなさん資格取得に時間もお金もかけて臨まれたわけですからプロという意識を持つべきだと思っています。

面談ひとり1時間1万円というのは相場として挙げられる金額ですが、実は私は最初から面談15,000円と公言していました。デビューにしては高値かなと怖さもありましたが、対象を企業にしていたこともあり、「価値を下げずに価格以上の仕事しよう」と覚悟を決めました。プロとして仕事をするプレッシャーを自分にかけるため、またプロとしての誇りを持つためにあえてこの金額でのスタートを切りました。

はじめての面談でいただいた15,000円は、その金額の価値をきちんと知るために他のプロの仕事を体験することに投資。こだわりシェフの豪華ディナーを食べることにしました(笑)。「これだけ満腹になって幸せになれる金額なんだから、私も同じだけの価値を提供しなければ」と自分を奮い立たせたことを鮮明に覚えています。

一方で、ぜひお仕事をしたいという企業さんに出会った際や、信頼できる方からのご紹介であれば、あまり金額関係なくお仕事することもあります。
金額だけ見ればアルバイトと変わらないくらい安価でしたが、理念と実績となる仕事内容に魅力を感じて始めた仕事は、信頼を積み重ねるうちに「そんなにしてくださるなら、この仕事も頼めますか?」と次々と委託内容も増え、時給の単価が上がる段階を経て、最終的には月額いくらでと、単価の高いお仕事をご依頼いただけるようになりました。

プロの自覚を持ち安売りはしないという覚悟を決めることは大切なことです。自分の価値を決めることは初め戸惑いもあるかもしれませんが「金額以上の仕事をして相手に貢献する」という決意ですのできちんと決めるべきだと思っています。

また、どんな相手とどんな内容の仕事がしたいか、自分のキャリコン軸を持っていれば、金額に振り回されずに受諾判断をすることができます。自分軸で繋がったお客様と信頼関係で長いお付き合いができると、結果もついてくるものです。
ポリシーに沿った仕事であれば金額に関係なく仕事をすることを創業時から変わらず大切にしている私の理念です。

「誰を支援したいか」徹底的に掘り下げる

資格を取って稼げる稼げないという議論をたどっていくと、そこで躓いている方は資格を使って何をしたいか、誰を支援したいかが決まってないところへたどり着きます。

私の場合、独立前に人事コンサル業務に数年間携わる中で、経営者と働く人の乖離をなくし、双方が幸せに働ける環境づくりがしたい、そのためにも中立な立場であろうと独立を決めました。未熟ながらも自分が経営者になってみると、経営者の痛みや気持ちが実感としてわかるようになり「経営者は孤独だ」と言われている意味も理解することができました。

独立当初から対象は中小企業と決めていましたが、経営者の大変さが身に染みてわかるようになったからこそ、人事領域の専門家として中小企業の支援をし、一緒に成長したいという気持ちが明確になりました。

お客様の事業が大きくなって、順調にいっているからまた私たちとの仕事にも繋がると巡っていくのが理想です。ありがたいことに、そのようにお付き合いさせていただける企業さんが増えてきました。今後もお客様の事業拡大に一緒に関わりたいと思っています。

キャリアコンサルタントとして活動を始める方はもちろん、実績を積まれてきた方も、今一度立ち返って「資格を使って、誰を支援したいか」書き出してみていただきたいなと思います。誰のために何をしたいかを明確にし、何ができるか自分の強みを伝えていくことができれば、仕事の依頼に繋がっていきます。必要とされる人になることができるのです。

それぞれが支援したい人の力になれる、たったひとりのキャリアコンサルタントになっていけたら、素敵だなと思います。HRラボ、キャリコンサロンでは、ともに活動できるキャリアコンサルタントの繋がりを求めています。

エリアごとに支部があり、毎月の勉強会やセミナー、メンバー同士でのプロジェクト立ち上げなど、熱量高く活動しています。自分の強み・自分軸を見つけたい、磨きたいという方は是非キャリコンサロンでお待ちしています。全国にキャリコンの輪を広げていきましょう。

news image

https://career-salon.jp/