お問い合わせ

mail

webからお問い合わせ

telephone

03-6868-4353

受付時間/9:00〜19:00(平⽇)

company logo

HR Column

キャリアコンサルタントに関するコラムや最新情報など随時更新しています。

キャリコンが伝授!強い『共感力』を発揮する「コツ」

定着

2020.01.25

news image

コミュニケーションには、『共感力』が重要です。 傾聴を行うキャリアコンサルタントにはもちろん、部下育成などマネジメント層にも、この『共感力』が必要だと言われています。

しかし、この共感力について、正しく理解できているでしょうか? 今回は、共感力とは何か、改めて整理をしてみました。

また、信頼を得る強い「共感力」を持っている人の特徴についても、お伝えします。

「共感力」と「同感」の違いとは?

「共感」とは、相手の感情や考えを自分も全く同じように感じとったり、理解を示すこと。
一方、「同感」とは、相手と同じ考えであることを強調することです。
一見、同じような意味の言葉として受け取られがちな、「共感」と「同感」ですが、この二つの言葉には、明確な違いがあります。

「同感」の場合では、「私もこういう経験があるから分かる」といったように、自分の経験に置き換えて、相手の考えを理解することになります。自分の経験を基に理解するので、価値観や人生経験の違いによっては、相手を理解するのに限界が生じることも。

しかし、「共感」の場合は、「あなたはこういう状況だから、こう思っているんだね」というように、そのままの相手の立場に立って感じることになります。主語は相手になるため、自分の価値観や経験が入ることなく、相手の気持ちや考えを理解することが可能です。

また、「共感力」と「共感」にも、差があります。
「共感力」とは、受け取った感情を相手に、きちんと言葉で伝え返してあげることです。相手の話から、どのように感じ取ったかをきちんと伝えることで、相手にも初めて「共感」してもらっていることがわかります。
伝え方の例としては、「話を聴いていると、あなたは○○と感じていて、△△したいと思っていることがわかりました」と言うようにすると、良いでしょう。

相手から受け取った感情を言葉にして返すことで、相手に共感しているという事をしっかり伝えられます。ここまで「共感力」を発揮できると、「自分の気持ちをわかってくれている」という安心感を相手に与えることが、できるのです。

強い「共感力」を発揮できる人の特徴

強い「共感力」を発揮できる人には、さまざまな特徴があります。

●他人への好奇心が強い

共感力が高い人は、他人への好奇心が強いという特徴があります。
「この人はどんな人なのか」「どんなことを経験して、どんなことを考えているのか」
他人を知りたい気持ちから、初めて会った人でも、すぐに打ち解けられる人が大半です。
他人から学ぶことは、価値のあることだと、理解している人とも言えるでしょう。

●聴き上手

共感力が高い人は、相手の気持ちに寄り添えるよう、話をじっくりと聴きます。
話を聴いている際は、相手の考えを否定したり、良い・悪いというように評価をしたりはしません。
ただ聴くだけでなく、相手が話しやすいように相槌を打ったり、質問したりすることが上手いといった特徴もあります。
結果的に、会話の7割は、聴き手に回っていることが少なくありません。

●会話が無くても相手の感情・考えが読み取れる

共感力が高いと、他人の気持ちや考えていることが、直感的にわかってしまうことも。
相手の雰囲気や表情・仕草・行動などの、言葉ではない部分からも、相手の感情・考えを読み取ることができます。
そのため、困っていた時に助けたり、言葉にできないことをうまく汲み取ったりと、進んで思いやりのある行動をとる人も多いです。

●感受性が強くて繊細

共感力が高い人は、感受性が強すぎるという場合も、少なくありません。
他人の気持ちを人一倍理解しやすいので、繊細で、傷つきやすい一面があります。
ちょっと責められたり、怒られたりしただけでも、気持ちが過剰に反応してしまうのです。

●自己顕示欲や承認欲求があまりない

共感力が高い人は、自分を知って欲しい欲求よりも、他人を知りたい欲求の方が上回ります。
相手の話を聞くことを重視する傾向があるので、自己顕示欲や承認欲求が、比較的少ないと言えます。

「共感力」を発揮すると会話がこんなに違う!

共感力を発揮した場合では、会話が大きく変わってきます。
例えば、会社の同僚に「最近、会社に行くのがつらいんだ…」と言われたとします。

例)「わかる。曜日は特に会社に行きたくないよね」(自分中心の話題に変えてしまっている)
例)「前日、早く寝ないからだよ」(相手の気持ちを汲み取っていない)


と返答してしまう人、いるのではないでしょうか?
この場面において、共感力を発揮すると、返事の仕方はこう変わります。

例)「そうか、つらいと思う所があるんだね。もう少し話を聞かせてもらえる?」
例)「会社に行くのが、つらいと感じているんだね。詳しく教えてもらっても良いかな?」


共感力を発揮すると、『同僚はなぜ行くのがつらいのか?』『同僚はどうしてそう思うのか?』と先に考え、内容をより深く掘り下げていくような会話になります。相手の具体的な情報を知ることができ、さらに、相手の本当に言いたいことが見えてくるのです。

「共感力」を発揮するために、普段から取り組めること

共感力を発揮するためには、日頃の会話の中で、次のような事を意識しておくと良いでしょう。

まずは相手の話に興味を持って聴くことに集中する

共感力が高い人のように、会話の7割は聴き役に徹することを意識しておくと、次第に共感力を発揮できるようになります。相手の言いたい事を先回りして予測し、相手が気持ちよく話せるように話を振る。そのためには、まず相手の話をよく聴き、受け入れることから始まるのです。

状況をイメージしてみる

共感力を発揮するためには、相手の話を聴いて、自分も追体験できるぐらいの想像力が必要です。話の情景を明確にイメージできるようになれば、その時の相手の気持ちを理解するのに役立ちます。また、イメージしてみて、「ここがまだイメージできない」という部分があれば、質問する際の手助けにもなります。

相手の気持ちを考えてみる

「相手はなぜこんな行動を取ったのか?」「相手はこの場合、どう思うだろうか?」というように、主語を相手にして、話を観察する事を意識してみてください。すると、自然と相手が中心となり、自分の価値観や人生経験を入れる事なく、相手を理解することができます。

「バックトラッキング」を使ってみる

バックトラッキングとは、キャリアコンサルタントも使う、傾聴技法の一つです。
やり方は、相手が話した言葉をそのまま繰り返すだけ。
例えば、「仕事で自分の意見が通って嬉しかった」と相手が言った場合、「嬉しかったんですね」というように返答するのです。繰り返しているだけなので、自分の主観が入ることなく、相手を中心とした会話を進めることが容易になります。

「ひょっとしたら〜」を付け加えて意見を伝えてみる

共感力が発揮できてくると、「もしかしたら、こういうことを考えているかもしれない」というような疑問が出てきます。
その疑問を「ひょっとしたら」を用いて、相手に聞いてみると良いです。
「ひょっとしたら、○○について困ってない?」
「ひょっとしたら、本当は○○と思っている?」

そして、聞いた意見が一致した場合、相手には「自分の言いたい事をちゃんと理解している」と思ってもらえます。また、自分が共感できていたことの確認にもなります。

「共感力」を発揮しようと意識をすると、相手の気持ちがうまく想像できないこともありますし、感じ取った気持ちを言葉に表すことが、難しいと感じることもあると思います。
「共感力」まで高めたコミュニケーション能力を身に付けるためには、普段から意識した行動を取らなければ、十分に力を発揮できません。

会社の人との会話の場面や、家庭の中でのやり取り、友人との何気ない会話の中など。
普段の生活における会話の中でも、「相手はなぜ、その話をしたのか?」と興味を持って聴き、感じた事を言葉にして返してあげるよう、意識しておくことが大切になります。
「共感力」とは、日々練習を行うことで、徐々に身に付いていくものなのです。


コミュニケーションに重要な「共感力」を正しく理解し、日常的に会話の中で「今自分は共感できているか?」「受け持った感情を相手にきちんと返せているか?」と心に留めておく。
そうすることで、より円滑なコミュニケーションを取ることができるようになり、次第に人との深い信頼関係も築けるようになるでしょう。