こんにちは、HRラボです。

皆様はリファラル採用をご存知でしょうか?
リファラル採用とは、平たく言えば「縁故採用」のことです。
「縁故採用」というと良いイメージは持たれないかもしれませんが、実は社員の紹介による入社というのは、採用に至る割合が高く、定着率も高いと言われています。

また最近では、少子高齢化による労働力不足や、学生の大企業志向も相まって、中小企業にとって人材の採用はさらに難しくなっているのが現実です。

そんな中で、リファラル採用が再注目されているのです。

今回の記事では、リファラル採用とは⾔っても何をしたらいいの?誰に何を頼めばいいの?といった疑問にお答えいたします。

1、社員・内定者からのリファラル

リファラル採用にも種類がありますが、最も一般的なのが、社員を通じた紹介です。
社員や・内定者によるリファラル採⽤では、紹介する側に、自分の会社に連れてくるわけですから、ある程度の人材を連れてこなければ、という責任感が生まれるため、⽐較的質の⾼い⼈材が集まりやすいです。
他にも、候補者は社員の知り合いですから、人柄も面接を通して知るよりも保証されていますし、また知り合いが既に職場いますから、全くの新人よりも会社に打ち解けやすく、結果として辞めにくいという利点もあります。

社員・内定者リファラル実施のフロー

1-1 社内説明資料を⽤意する

リファラル採用のためには、まずはリクルートする側の社員や内定者に、社員採⽤のフローや、どんな⼈材が欲しいのかなどを理解してもらう必要があります。
そのためにも、社内の採⽤コンセプトを共有するための資料を準備しましょう。
どんな人材が欲しいのかのビジョンを明確にしなければ、社員が連れてくる候補者と、経営陣の求める人材像との間にズレが生じてしまいます。単なる「縁故採用」に終わらないようにするためには、しっかりとした基準を設けることが重要です。

1-2 社内説明会を⾏う

用意した社内資料をもとに、社員や内定者に説明を⾏います。
ここで⼤事なのは、
・候補者を選定するにあたって、リクルートする社員や内定者が詳しいジャッジをしなくていい
・合否の責任は負わなくていい
・採⽤を保証するわけではない

ということを、後のトラブルを避けるためにもしっかりと伝えておくことです。

1-3 インセンティブのルールを周知する

リファラル採用では、候補者を連れてくる社員にインセンティブを与えることが一般的です。候補者を連れてきたら、金銭報酬を与えるなどです。
しかしインセンティブに関しても、⾦額や⽀払いタイミングをしっかり共有しておかないとトラブルになります。
報酬の⾦額は、会社によって様々ですが5~10万円が⼀般的です。
報酬が給料の半分を超えると、社員の意識が、新たな人材を連れてくる本来の目的から報酬に⾏きすぎ、なりふり構わず人を連れてきかねないので、金額の上げすぎには注意です。

1-4 必要に応じてイベントを⾏う

リファラル採用とはいえ、いきなり採⽤⾯接だと紹介される側にもハードルが⾼くなってしまうので、通常の採用のように会社のことを知ってもらうためのイベントを開催することもオススメです。
弊社にお任せいただければ、イベントのための最適なテーマ設定や、運営代行もいたします。

2、学校からのリファラル

理系学生の募集で比較的一般的ですが、学校からリファラルしてもらう採⽤⽅法も採⽤確度が⾼く外せません。

2-1 求⼈票や営業資料を⽤意する

先方の学校指定の求⼈票や営業資料を⽤意します。
もし営業をかける学校を卒業した社員がいるのであれば、その⼈数なども記載しましょう。

2-2 学校の就職センターに相談する

御社がターゲットにする学校の就職センターに営業をかけます。
⼤変なのは、一般的に学校の担当者はコロコロ変わってしまうことで、⼀度繋がったとしても、こまめに連絡をやりとりしておかないと、つながりが途絶えてしまいます。

2-3 定期的に通う

学校に顔を定期的に出し、忘れられないようにすることも⼤事です。
学校側の御社への心証も大事ですから、こういった点にも気を配りましょう。

3、その他関係者からのリファラル

知り合いの会社などからのリファラルも、急ぎで人手が必要な場合には、あまり有効ではないかもしれませんが試しておくべき⼀⼿です。

共通して、WEB上の情報を整えることが重要

リファラル採⽤で⼤事なことは、WEBサイトやSNSなどを充実させて、会社のイメージを持てる・社員の顔が⾒える会社にしておくことです。

例えば、社員からのリファラルを求める場合は、社員の顔が出ていた⽅が、社員⾃⾝も紹介しやすくなります。
WEBサイトが全く更新されていないと、せっかく紹介を受けても、候補者の方が情報を集めようと御社のサイトを訪れた時に気持ちを落としてしまうので、WEBサイトには⼒を⼊れることをオススメします。

まとめ

中小企業で人材不足が叫ばれる中、リファラル採用は有効な採用手段として注目を集めています。
実際にリファラル採用を始めるに当たっては、社内でビジョンや採用の基準をしっかり定めるなど、単なる「縁故採用」との線引きをすることも重要です。

この他にもリファラル採用に関してご相談がありましたら、ぜひ私たちHRラボにご相談ください。
人材採用・定着のプロである私たちが、リファラル採用の社員への周知、採用プロセスのサポートなど総合的にお手伝いいたします。